リハビリテーション科|大阪市平野区の整形外科・リハビリテーション科|JR加美駅・新加美駅すぐ

お問い合わせ先

リハビリテーション科

お問い合わせ先

理念と治療コンセプトphilosophy and concept

理念philosophy

私たちは、患者さまの活動性の向上を心掛けます

私たちは、患者さまに治療方針や治療内容を明確に説明することを心掛けます

私たちは、臨床・教育・研究・マネジメント・地域貢献の取り組みを総合的に行います

治療コンセプトconcept of our treatment

解剖学や運動学などの医学の知見を用いて、疾患や不調を評価した上で様々な治療を選択・統合し、最も適切なリハビリテーションを提供します。


スタッフ案内

理学療法士 プロフィール
山口 剛司(やまぐち たけし)

資格など
  • 理学療法士
  • (株)神戸装具製作所 CTO 最高技術責任者
  • 一般社団法人 mysole®︎協会 grand Meister
  • CTO 最高技術顧問
  • Altruist代表

理学療法士免許取得後より、運動器疾患、中枢神経疾患、難病疾患など総合病院、クリニック、装具会社にて、外来、入院診療に携わることで、幅広く経験を積んで参りました。特に近年では、mysole®︎(特許取得)という特殊なインソールを武器に、足部機能から、運動療法を考える特殊なアプローチに取り組んでおります。その技術を通じて皆様の足の健康に貢献したいと思います。

理学療法士 プロフィール
リハビリテーション科主任 井上 拓也(いのうえ たくや)

資格など
  • 理学療法士
  • 認定理学療法士(循環)
  • 3学会合同呼吸療法認定士
  • 心臓リハビリテーション指導士
  • サルコペニア・フレイル指導士
  • 国家資格キャリアコンサルタント
  • 日本ACLS協会 BLSプロバイダー
  • 地域ケア会議推進リーダー
  • 介護予防推進リーダー
  • 協会指定管理者(上級)

理学療法士免許を取得後、総合病院にて運動器疾患や中枢神経疾患、訪問リハビリテーション等に関わってきました。すべての患者さんのために、障害された機能の改善やADLの向上に励んできました。特に運動器疾患においては、痛みの改善や関節可動域の改善、筋力向上を目的とした理学療法にて、患者さんのADLの向上を図ってきました。
今までの経験を活かして、皆様のお役に立てるように励んで参ります。

理学療法士 プロフィール
安念 康介(あんねん こうすけ)

資格など
  • 理学療法士

理学療法士免許取得後より、病院、クリニックにて運動器疾患、中枢神経疾患に関わってきました。リハビリテーションを通して身体における構造や機能について多くの事を学んできました。少しでも患者さんの主訴に沿った治療が提供出来るように日々、研鑽を積んでいます。 これまで培ってきた知識、技術を活かし、患者さん一人一人に適切なリハビリテーションを提供出来るように尽力致します。

理学療法士 プロフィール
吉田 将大(よしだ まさひろ)

資格など
  • 理学療法士
  • 地域ケア会議推進リーダー
  • 介護予防推進リーダー

理学療法士免許を取得後ケアミックス病院で勤務し、病棟リハビリ・通所リハビリ・訪問リハビリと経験してきました。そこで運動器疾患や脳血管疾患の後遺症を持たれる患者様のリハビリに関わってきました。介護予防推進リーダー取得後は、介護が必要になることを予防し、いつまでも元気に地域で暮らしていけるように、体操指導や相談会等の地域の介護予防に関する事業に携わってきました。これらの経験を活かして痛みや運動機能だけでなく、患者様の生活全体をサポートできるように励んでいきたいと思います。

理学療法士 プロフィール
 菅 翔太(かん しょうた)

資格など
  • 理学療法士
  • 住環境コーディネーター2級
  • ウォーキング療法士(basic修了)

理学療法士免許を取得後、これまでは病院や老人保健施設にて、訪問リハビリや通所リハビリなど、在宅支援でのリハビリを中心に行ってきました。在宅支援に携わる中で、福祉用具等の選定もさせて頂きました。
また、病院や老人保健施設では脳血管疾患や運動器疾患の方など、様々な方のリハビリをさせて頂きました。
これまで培ってきた知識や経験を活かし、少しでも皆様のお力になれるように励んで参ります。
患者さん一人一人に適切なリハビリを提供出来るように尽力致します。

スタッフ教育

当科では質の高いセラピストを育成するために次のような教育・研修を実施しております。

  • 1) 医師及びセラピストによる臨床指導
  • 2) インソール・スポーツ選手・マネジメントの専門家からの指導
  • 3) 臨床研究に関する指導
診療待ち人数
© あずま整形外科リハビリテーションクリニック

ページ
TOPへ