お問い合わせ先

クリニック ブログ

お問い合わせ先
スタッフ募集
       

超音波&運動療法のハイブリッド治療で関節可動域を拡大させます2019-06-08

こんにちは。理学療法士の高木綾一です。

当院では、毎日多くの患者様がご来院されています。

その中でも、肩関節・膝関節・足関節の関節可動域制限を有する方が多くおられます。

関節可動域制限があると歩行、立ち上がり、食事、家事などの動作に大きな影響を与え、日常生活の質を低下させます。

当院では関節可動域の改善のために超音波と運動療法のハイブリッド治療を行っています。

超音波とは人間の可聴範囲を超えた高周波(20kHz以上)であり、医療においては診断と治療の両面で積極的に使用されているものです。

超音波治療器は、一般外傷や運動器系の急性期及び慢性期の痛み、またスポーツ障害の治療で用いられています。

超音波治療器の効果として以下のものがあります。

組織の伸展性を高める
血流の改善を行い、循環不全による疼痛緩和を行う
筋の緊張をなくし、筋スパズムの改善を行う
骨格筋の収縮機能を改善する

当院ではこの超音波治療器とストレッチング・関節モビライゼーションなどを用いて関節可動域の改善に取り組んでいます。

関節が動かない、動かすと痛いなどの関節可動域の制限でお悩みの方は、是非、当院にご相談ください。

カテゴリー
© あずま整形外科リハビリテーションクリニック

ページ
TOPへ