お問い合わせ先

クリニック ブログ

お問い合わせ先
スタッフ募集
       

母の荷物と格闘2022-09-24

平野区の皆様こんにちは。あずま整形外科リハビリテーションクリニック看護師の廣岡です。
 大型台風の中、シルバーウィークは如何お過ごしでしたでしょうか?お怪我等はなかったでしょうか?
 私事で申し訳ありませんが87歳になる母が、父の他界後20年一人暮らしをしています。2年前から転倒&骨折を繰り返し、もう独居は無理だなぁとケアマネさんと相談しながら悩んでいました。
ネットで調べたら近くの特養に、たまたま空きがあり(特養は30〜100人待ちと入所困難です)連絡するとアッと言う間に入所が決定しました。
 さて、大量にある荷物との格闘となりました。施設には必要最低限しか持っていけません。母はもったいない精神が強く捨てるという事が出来ません。
持って行く箪笥の中を見ると2段に渡り靴下ばかり。「タコやないねんから、こんなにいらんやろ?」と私。「いるねん」と母。次の2段にはハンカチ、ハンドタオル100枚以上。「ハンカチ使ってるの見た事ないけど、こんなにいる?」「いるねん。集めてる」と下着や洋服が入りません。
母の前では捨てる事が出来ないので、車の中で取捨選択し、私の家に運び捨てるという作業を繰り返しました。45ℓゴミ袋50個位は捨てたでしょうか。作業している途中、私を産み、苦労して育て支えてくれた母も捨てようとしているのでは?一緒に暮らせるように、もっと考えられたのでは?と思うと涙がとまらなくなりました。
心身共に疲弊していたんだと思います。
 母は無事入所しました。団体生活に慣れ穏やかに過ごしてもらえるよう願っています。いつか温泉に行ってご馳走するのが夢です。
当クリニックも高齢の患者様が多いですので真心込めて接して参ります。

カテゴリー
© あずま整形外科リハビリテーションクリニック

ページ
TOPへ