お問い合わせ先

クリニック ブログ

お問い合わせ先
スタッフ募集
       

受傷機転のない痛みについて2022-09-06

こんにちは。あずま整形外科リハビリテーションクリニック理学療法士の吉田です。

今回は当院に来院される患者様で比較的訴えの多い「特別何かしたわけではないが痛みが現れた」ということについて原因の一つを解説していこうと思います。

腰や股関節・膝関節などの痛みの原因は明らかな外傷などを除けばその人の長年の姿勢や生活習慣、職業など特定の体の部位に持続的に負担がかかることで起こることが多いです。持続的な小さな負担はその人が意識のない間に徐々に溜まっていき、ある時些細な出来事で痛みが起きてしまいます。例えば長時間猫背の姿勢で座っていると腰に負担がかかります。そのあとに急に立ち上がったときに大して負担をかけたわけでもないのに腰痛が発症してしまう場合等です。

習慣となった悪い姿勢や体の動かし方を続けていると特定の部分に負担がかかり続けていることと同時に普段使われるべき必要な筋肉が働かず弱くなってしまいます。そうなるとさらに悪い姿勢や体の動かし方が進んでしまうという悪循環が起こる為注意が必要です。

また、一時的に痛みが改善したとしても原因となっている悪い姿勢や体の動かし方が変わっていなければ痛みは再発してしまいます。

 このように悪い姿勢や体の動かし方自体を改善しないと痛みの原因は取り除くことが出来ません。そこでリハビリでは痛みのある関節の柔軟性や筋力の改善と共に正しい体の使い方の練習も同時に行ってこれらの痛みの改善にむけて取り組んでいます。

 特別何かをしたわけではない、いつも通りの生活をしていただけなのに体が痛いという方は普段の姿勢や体の動かし方に問題があるかもしれません。痛みが長引く前にご相談に来ていただけたらと思います。

理学療法士 吉田 将大

カテゴリー
© あずま整形外科リハビリテーションクリニック

ページ
TOPへ