お問い合わせ先

クリニック ブログ

お問い合わせ先
スタッフ募集
       

当院での画像検査2022-05-14

 平野区の皆様こんにちは。あずま整形外科リハビリテーションクリニック 看護師の廣岡です。
 疾病の早期発見には、さまざまな検査をすることが必要不可欠です。検査の中には、身体的や精神的に辛いものもあるかと思います。
 今回は、画像検査について簡単に述べさせて頂きます。
 X線(レントゲン)検査は、身体にX線を照射する事で、体内の様子を画像として映し出します。骨は白く投影され、水は灰色、空気は黒く映ります。整形外科では、骨折や関節変形の有無に必須の検査です。
 また最近、当クリニックには超音波診断装置を導入し、エコー検査ができるようになりました。
 エコー検査とは、超音波を送受信するプローブを身体に当て、超音波を体内に送信し、その反響を映像化する検査です。X線とは違い、被曝の心配はありません。
 エコー検査で一番ポピュラーなのは、妊娠中に胎児を画像表示するものかと思います。私は我が子の画像を見た時、とても感動したのを覚えています。また、母の大腸癌も腹部エコーで発見されました。
 では、整形外科ではエコー検査で何がわかるのかと言いますと、X線では見つけにくい微細な骨折やひびが判明したり、筋肉や靭帯、腱などの軟部組織の損傷、腫瘍の有無がわかったりします。また、X線やMRIと違いリアルタイムで動画として見れるという利点もあります。
 それでも診断がつきにくい場合には、MRI検査での精査をお勧めさせていただいております。当院では、MRI検査はできませんので近隣の病院をご紹介しております。
 このように、さまざまな画像検査によって、患者様には疾病の早期発見や疾病に応じた治療を受けて頂けます。
 日々、患者様の疼痛緩和と早期回復をスタッフ一同心より願っております。

看護師 廣岡由紀子

カテゴリー
© あずま整形外科リハビリテーションクリニック

ページ
TOPへ