お問い合わせ先

クリニック ブログ

お問い合わせ先
スタッフ募集
       

朝食の魚肉ソーセージで筋力が付きやすい?!2021-10-18

 平野区の皆様こんにちは。あずま整形外科リハビリテーションクリニック理学療法士の吉田です。
 暑い日々もようやく落ち着き、秋の気候になってきましたね。私にとって秋といえば『食欲の秋』ですが、皆様はどうでしょうか?というわけで、今回は食事のことについて少しお話をさせて頂きます。
 私たち理学療法士がリハビリの対象とさせて頂いている方々は、高齢になって筋力低下により動作が不安定になったり、関節が痛くなったり、思うように動かなくなったという方々が多いです。
 筋力が衰えないようにするためには、お肉類などからタンパク質を摂ることが重要だとテレビの健康番組などでも取り上げられ、周知されてきていると思います。そんな筋力の維持や増加に必要なタンパク質ですが、夕食よりも朝食で摂った方が効率がよいとされています。
 一日の食事は朝食・昼食がそこそこで、夕食をがっつりと食べられる方が多いと思われます。お肉・お魚類を夜にしか食べないという方は、栄養面からみると効率が悪いということになります。私が参加した勉強会では、夕食のおかずを半分残して朝食で食べてみては?というお話もありました。といっても朝からお肉類を食べるというのは重たいと感じられる方も多いと思いますので、今回おすすめしたいのは魚肉ソーセージです。魚肉ソーセージの材料になっている白身魚は、筋肉量の増加において効率がいいそうです。また、納豆などの大豆製品や卵もタンパク質が多く含まれているので、朝食で食べやすいかと思います。
 このように、食事も栄養素を摂るタイミングによって筋肉が付きやすかったり、付きにくかったりするようなので意識してみてはいかがでしょうか?
 当院では、上記のように動作がし難いといった訴えに対してもリハビリを提供させて頂き、安全に日常生活を送ることができるように支援しています。「気候がよくなり、久しぶりに外出したら思ったように体が動かない」。そんな症状でもご相談いただければ力になれる部分が多いかと思います。心当たりのある方は、ぜひ当院に受診して頂けたらと思います。
 運動や栄養面で、私たち理学療法士がご支援させていただきます。

理学療法士
吉田 将大

カテゴリー
© あずま整形外科リハビリテーションクリニック

ページ
TOPへ