首の症状|大阪市平野区の整形外科・リハビリテーション科|JR加美駅・新加美駅すぐ

お問い合わせ先

首の症状

お問い合わせ先

問診のポイント

  • 症状のは徐々に増悪しているのか?動かしたら痛いのか?(① ③)
  • 常に痛いのか?(① ②)
  • 手のしびれはあるのか?(① ②)
  • 握力の左右差はないか?(②)
  • など

画像所見のポイント

  • 加齢性変化があるのか?(①) 
  • 骨の並びは正常か?(① ③) 
  • 骨と骨の隙間はすり減っていないか?(②)
  • まれではあるが、腫瘍性変化などがないか?
  • など

各症状について

① 頸椎症

主に加齢により頚椎と頚椎の間にある椎間板が薄くなってしまうことで変形や骨にズレが生じるようになって、やがて脊髄や神経を圧迫するようになります。それによって様々な症状を起こしてしまう疾患を頚椎症と言います。首の症状をきたす疾患の中で、最も頻繁にみられるものです。変形が進んでいくと、首や肩に疼痛やこりなどの症状が現れるほか、可動域の制限や上肢にしびれが現れます。
この段階の治療としては、薬物療法やリハビリなど、主に保存的治療(手術をしない治療)にて経過をみていくことになります。
症状が進行し、脊柱管が狭窄するようになると、上記の症状のほかに手足や体感に神経症状が現れるほか、歩行障害、膀胱直腸障害がみられる場合もあり、このような場合は頸椎症性脊髄症と診断されます。その場合は専門医の紹介や、手術加療が必要になる場合もあります。

② 頸椎椎間板ヘルニア

頸椎の骨の間には椎間板と呼ばれる軟骨組織が存在し、これが頸椎と頸椎をつなぐほか、クッションの役目を果たしています。
この椎間板の一部が本来あるとされる位置から飛び出すなどすることで、脊髄や神経根を圧迫している状態を頸椎椎間板ヘルニアと言います。原因としては、遺伝的要因や加齢、スポーツや外傷といったことが考えられています。30~50歳代の男性によくみられる疾患です。
症状としては、首や肩、腕にかけての痛みやしびれを伴います。また頸部の可動域が制限されるようにもなります。症状が進行すると頸椎症性脊髄症や頸椎症性神経根症になることもあります。
治療としては、症状に応じて、生活指導、薬物治療、リハビリなどの保存的治療、症状が強くなると手術加療などが必要になる場合もあります。

③ 頸椎捻挫・外傷性頚部症候群

一般的には、「むち打ち症」という呼び名で知られている疾患です。頸椎捻挫(外傷性頚部症候群)は、主に自動車の追突・衝突・急停車やスポーツを行っている際によく起きるとされ、不自然な状態による頸椎への過度な伸展や屈曲により、発症することが多いと言われています。頸部の筋肉、腱、靭帯、皮膚などいわゆる軟部組織が損傷することで起きると考えられていますが、最近は外傷などにより脳脊髄液が漏れ出してしまう脳脊髄液減少症とも関連性も指摘されています。

症状としては、首に痛みや可動域制限などが見られますが、その他にも頭痛、耳鳴り、目のかすみ、手全体のしびれなどが現れるようになります。症状については多くの場合、数週間で軽減していきます。また、アクシデント(頸椎捻挫)発生直後には症状らしきものが見当たらないという方も多いですが、その場合でも何らかの損傷を受けていることもあり、ある程度時間が経過してから症状が出ることもあります。初期に適切な診断と治療をすることが、症状の増悪や長期化を予防できますので、追突事故を受けたという方は、一度は整形外科をご受診ください。

© あずま整形外科リハビリテーションクリニック

ページ
TOPへ