膝の症状|大阪市平野区の整形外科・リハビリテーション科|JR加美駅・新加美駅すぐ

お問い合わせ先

膝の症状

お問い合わせ先

問診のポイント

  • 関節がはれてないか?関節の内側が痛いか?(①)
  • 歩行していてガクッとなる感じがないか?(②)
  • 見た目O脚になっていないか?(①)
  • など

画像所見のポイント

  • 画像上の変形(軟骨のすり減りはないか?)(①)
  • 石灰化などの所見はないか?(① ②)
  • 膝蓋骨(いわゆるお皿の骨)の位置は正常か?
  • など

各症状について

① 変形性膝関節症

加齢や膝関節の酷使などが主な原因で膝の軟骨がすり減るなどして摩耗、これにより関節炎や変形が生じ、膝に痛みが現れるほか、水が溜まるなどの症状がみられるのが変形性膝関節症です。膝の痛みや腫れ、動かしにくさの程度は、軟骨のすり減り具合により変わっていきます。

このような状態になってしまう最大の要因は関節軟骨の老化で、患者数は年齢とともに増加するほか、肥満や遺伝が原因の場合もあります。また性別でみると、女性は男性の約4倍の患者数ということも特徴のひとつです。
初期症状では、階段の下り、立ち上がり・歩き始めといった動作の開始時にのみ痛みがありますが、これらは休めば消えるようになるほか、動き始めることで痛みをさほど感じなくなります。しかし、症状が進行すると歩行中も痛みを感じ、膝関節の曲げ伸ばしにも制限を感じるようになます。さらに重度になると、安静時にも痛みがとれなくなり、膝関節の変形も目立つようになります。遂には、膝を伸ばして歩くといったことも困難となり、やがてロコモティブシンドロームとなる可能性もあります。投薬や物療治療による疼痛のコントロールと同時に、体重コントロールや、理学療法士による歩行訓練や筋力訓練にて、活動性を維持することが大切です。

② 半月板損傷

膝関節の大腿骨と脛骨の間にある、クッションの役目を果たすのが、半月板です。ふつうは馬のひずめのような形をしており、その部分が損傷し、周りの軟骨ぶつかり痛みをともなう病態です。若い方は外傷性、高齢の方は加齢性変化による損傷が多いです。
歩行時に膝がすべるような感じ(giving way)や関節が固まって動かせなくなる(ロッキング)などの症状がでることがあります。症状によって関節内ヒアルロン酸注入やリハビリによる可動域訓練などの保存的加療や、膝関節鏡による内視鏡的手術加療を行うことがあります。

③ 関節リウマチ

原因不明の免疫異常によって起こる慢性的に経過する関節炎のことを関節リウマチと言い、炎症から関節の破壊、変形まで至る疾患です。好発部位は膝関節をはじめ、手指の関節、肘関節、膝関節、足関節、肩関節などです。これら関節の炎症は左右対称で現れます。関節炎以外にも全身症状として、微熱、全身倦怠感、貧血などが見られることもあります。
膝も初期症状としては他の部位と同様に炎症が起きたことによる、こわばりや腫れ、痛みが生じます。炎症とは滑膜で起きる滑膜炎のことですが、これが進行すると関節軟骨にも広がるようになり、軟骨や骨の破壊が起こり、やがて関節の破壊や変形を招くようになるのです。
なお膝の関節では、炎症の影響で滑液が大量に分泌されます。これが関節内に溜まるようになると関節水腫となります。そして膝が腫れるなどして骨が破壊され、痛みも出るようになり、動かしにくくなります。
リウマチに関しては、近年薬物による早期治療が重要との認識が一般的で、リウマチ専用の特殊な薬を使用して、リウマチの活動性をコントロールすることが重要です。

④ 膝関節靭帯損傷

膝の靱帯に大きな力が加わり、部分的または完全に切れてしまった状態を膝靭帯損傷と言います。このような状況は、スポーツや交通事故の場面でよく見受けられます。膝関節には膝の両側を支える側副靭帯と、前後方向を支える十字靭帯があります。
じん帯損傷に関しては、MRIによる部位と程度の診断が重要で、場合によっては手術加療などを要することも多いです。

© あずま整形外科リハビリテーションクリニック

ページ
TOPへ