お問い合わせ先

クリニック ブログ

お問い合わせ先
スタッフ募集
       

肩関節の痛みに要注意2019-10-31

こんにちは。

大阪府平野区にあります「あずま整形外科リハビリテーションクリニック」の理学療法士の高木綾一です。

日頃、リハビリテーションを提供しておりますと肩関節の痛みや可動域制限に悩んで来院される方が非常に多くおられます。

そのような患者様とお話をさせていただくと、「一年前や半年前あたりから肩の調子が悪く痛みを感じるようになった」とおっしゃる方が非常に多くおられます。

つまり、当院に来院される半年以上前に何らかの肩の違和感を感じているということになります。

肩関節は交通事故のような大きな衝撃が加わるような外傷は除き、その多くは徐々に疼痛が生じ、関節可動域が低下することが多い部位です。

これは加齢と共に肩関節内部にある回旋筋腱板という筋肉が弱くなっていくこと、回旋筋腱板は血流が少ないため一度痛めると治りにくいということ、肩関節は日常生活で動かすことが圧倒的に多い・・・これらのことが重なり肩関節の機能が低下していきます。

したがって、肩関節になんらかの違和感を感じた時点で医療機関にかかることが重要となります。

画像検査や関節を動かす検査で問題となる場所を特定することができれば、機能の低下を防ぐ、リハビリテーションを行うことが可能となります。

当院では肩関節のリハビリテーションを積極的に行っておりますので肩関節で気になることがある方はいつでもご相談くださいませ。

理学療法士 高木綾一

カテゴリー
© あずま整形外科リハビリテーションクリニック

ページ
TOPへ