お問い合わせ先

クリニック ブログ

お問い合わせ先
スタッフ募集
       

サルコペニアってなんだ?2019-10-23

こんにちは、2019年9月からあずま整形外科リハビリテーションクリニックにて勤務しています理学療法士の井上です。

今回は、『サルコペニア』について投稿させていただきます。

サルコペニアは、最近では一般的にも耳にするようになってきているかと思います。

まずサルコペニアとは、『進行性、全身性に認める筋肉量減少と筋力低下であり、身体機能障害、QOL低下、死のリスクを伴う症候群』と定義されています。

この定義にもう少し解説を加えますと、①加齢や活動量低下(運動不足)等の原因によって筋肉量が減少し、②その筋肉量の減少によって筋力低下が起こり、③筋肉量減少と筋力低下から歩行能力や日常生活活動(ADL)が低下していきます。

①〜③の原因はそれぞれが絡み合い、負の連鎖が起こることで、④最終的に寝たきり状態になったり、寿命を短くするといった危険性があるということになります。

サルコペニアの原因は、先にも少し触れていますが、①加齢、②活動量低下、③疾患、④低栄養とされています。

ここでいう疾患とは、慢性疾患すなわち慢性心不全やガン、関節リウマチ、慢性閉塞性肺疾患(COPD)等を指します。

しかし、整形外科疾患による股関節や膝関節、足関節等に痛みがあれば、活動量低下に繋がり、サルコペニアに陥る危険性は十分に考えられます。

あずま整形外科リハビリテーションクリニックでは、そのような痛みのある方に対し、理学療法士がしっかりとリハビリテーションを提供させていただいております。

理学療法士 井上拓也

カテゴリー
© あずま整形外科リハビリテーションクリニック

ページ
TOPへ